2019年7月9日夜10時より、新ドラマ【Heaven~ご苦楽レストラン~】の放送がスタートします。このドラマには原作があり、佐々木倫子先生による作品ということで、放送前から注目を浴びています。更に主演が石原さとみさんと言うのも注目度が高いですね。

りか
石原さとみさんの出演。更に原作が佐々木倫子先生とあって、注目せずにはいられません。そこでこの記事では、漫画の原作の内容をご紹介していきたいと思います。ドラマと漫画に違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク




【Heaven~ご苦楽レストラン~】見所は?

今回放送【Heaven~ご苦楽レストラン~】ですが、原作では既に完結しています。全6巻となっており、ドラマでは原作がどれくらい再現されているのか?また、ドラマではどんな感じにオリジナリティが出されるか非常に楽しみですね。

 

そしてやはり最大の見どころは、原作の黒須仮名子を、ドラマで石原さとみさんがどこまで演じることができるのか?かなりめちゃくちゃなオーナーの役ということで、是非注目して見たいポイントです。

スポンサーリンク




【Heaven~ご苦楽レストラン~】原作・漫画の内容は?

Loin dlci(ロワン・ディシー)「この世の果て」という名のレストランはどの駅からも遠かった。繁華街からも、住宅街からも、利益からも徳く、何より理想のサービスからも遠かった。

 

原作の始まりは、一人のおじいさんらしきが人物が、コーヒーらしきものを飲みながら語りかけているかのような、何ともこれから始まるサクセスストーリーを期待させるような、そんな物語の始まりでした。

しかしそれは大きな間違いであることに気づきます。そう、この「Heaven~ご苦楽レストラン~」という漫画は、サクセスストーリー系や感動系などでなく、ただの破天荒漫画。ギャグ漫画に近いのである。いきなり期待を裏切られた感があるこの漫画、だが、気づくと虜のなってしまう。そんな物語であることをまず最初にお伝えしておきいます。

 

そして気になる第一話では、伊賀の接客態度が悪いということでお客様を怒らせてしまい、店からも仕事ができない人物扱いされてしまう。そんな中、黒須が自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトし、招き入れることに。

 

 

しかし、実際教えられたフレンチレストランの場所に行ってみると、そこにはお墓しかなく、急に伊賀は不安になってしまう。しかしそんなとき、伊賀の前に何故かカエルが。そしてそのカエルによってフレンチレストランまで導かれる。

 

ようやく到着した伊賀だが、急に不安になり、逃げだそうとするがスタッフにつかまり、結局働くことになってしまう。このように、立地が最悪。駅から遠いは裏側にはお墓はあるわで、この最悪な立地をどう乗り切っていくのか?など、読み進めると気になることばかり。ついつい読み進めてしまいます。

 

と、こんな感じで物語がスタートするわけですが、ドラマでは原作とは違う点があるのか?どのように原作を描いていくのか?非常に楽しみですね。7月から始まるドラマの中でも、特に注目したいドラマとなっています。

まとめ

「【Heaven~ご苦楽レストラン~】原作漫画のあらすじの内容は?1話をドラマと比較」はいかがでしたでしょうか?

 

まだドラマは放送されていませんが、どのように展開されていくのか非常に楽しみですね。原作通りの、ハチャメチャな感じになる事を是非期待したいと思います。そしてやはりなんと言っても、注目石原さとみさんですね。とっても楽しみです。皆さんも、初回を見逃さないように、是非チェックしておきましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事