タグ別アーカイブ: 八百長

【W杯】韓国VSイタリアの誤審動画は?審判の買収や八百長はあった

2002年のワールドカップ。日本と韓国で行なわれたワールドカップ史上初めての共同開催ですが、17年経った今、韓国対イタリア戦での誤審を今になって公表したのが、当時試合の審判を担当したバイロン・モレノ氏です。

 

今回の記事では、ワールドカップで実際に誤審はあったのか?韓国側に圧倒的有利な判定が多く、当時から韓国側が審判を買収したのでは?ワイロの受け渡しはあったのか、八百長か?などの噂がありましたので、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク




試合の誤審動画がこちら

この試合はワールドカップ史上最悪の試合とも言われており、サッカーファンであれば、誰の目から見てもおかしいジャッジと、誰の目から見ても韓国側に有利な判定だったように思います。

 

そして、この試合を担当した主審のバイロン・モレノ氏が、当時の試合について、全面的に誤審であると認めたのです。確かにワールドカップという、サッカーの最大の大会で、開催国である韓国側に多少有利な判定をしてしまう気持ちも分らなくはありません。

 

特にサッカーでは、ホームが圧倒的に有利と言われており、審判のホームびいきになりがちです。しかし、それにしても韓国対イタリア戦のジャッジは酷かったです。

スポンサーリンク




韓国対スペイン戦でも誤審か?

2002年の日韓共催のワールドカップでは見事韓国がベスト4に輝いた訳ですが、やはりこの動画を見てもサッカーファンの誰一人として認めていないでしょう。

 

そこで、この大会での韓国は八百長をしたのではないか?というのが大方のサッカーファンの見解というわけです。

実際に八百長はあったのか?

実際に八百長があったとの公表はありません。しかしその後、なんとFIFAは審判団の永久追放や資格停止処分などがあり、やはり八百長はあったのでは?とされています。(2002年ワールドカップだけの話ではない)

 

そして、今回の疑惑の判定を多く受け、選手側からも、「日本で試合がしたかった」「日本で試合が出来た私たちは幸運だ」など、あからさまな韓国批判を繰り返していた選手もいました。

 

ただ、あのような判定があったからには、致し方ないと言わざる終えませんね。選手にとってもワールドカップは一番の大きな大会と言えます。この大会を最後に代表を引退した選手もいます。このように、ワールドカップはサッカー選手にとって夢であり、憧れの場所です。

 

これからも、スポーツの世界で八百長やドーピングなどの問題が起きないことを祈るばかりですね。スポーツの世界がクリーンでありますように。

 

VARの導入でワールドカップやサッカーの試合で八百長や誤審はなくなるのかを検証しています。

バイロンモレノが誤審を認める!VAR導入でW杯の八百長はなくなるの?

まとめ

「【W杯】韓国VSイタリアの誤審動画は?審判の買収や八百長はあった」はいかがでしたか?

 

今回紹介した動画をみても分るとおり、本当に酷いラフプレーと判定の数々ですね。これで八百長が無かったといくら言ったところで、誰も納得しないはずです。今後、このようのことが起らないよう、純粋にサッカーが楽しめたら良いですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク