この度、日産がとても興味深い車の発売を発表しました。それが「プロパイロット2.0」というもので、特徴が高速道路でハンドル操作を一切行わず、自動で操作してくれるという、ナビ連動ルート走行を実現させた世界初の運転支援システムだそうです。

 

そこでこの記事では。「プロパイロット2.0」の安全性や、値段。この機能を使えば事故は減るのか?また、万が一事故が起きた場合は誰が責任を取るのかなどを調査してみたいと思います。

りか
最近は高齢者の車の事故多く、もし完全に自動で操作してくれるシステムがあれば本当に助かります。今回日産から発表されたプロパイロット2.0はどうなのでしょうか?とても興味深いですね

スポンサーリンク




プロパイロット2.0ってどんな機能なの?

こちらの機能ですが、ナビゲーションシステムで目的地を設定することにより、自動で操作してくれるという優れた機能になっています。車間距離や複雑な運転も可能で、熟練のドライバーが運転しているような滑らかな走行を実現してくれるとの事です。

 

いずれ全ての車が自動運転可能になると良いですね。最近は本当に高齢者の事故が多く問題視されています。免許の返納をすれば確かに事故は減るかもしれません。しかし、田舎すぎて車でなければどこにも行けないような場所に住んでいる人も沢山います。

 

免許の返納や交通安全、歩道の整備等、課題は山積みです。その全てを自動運転機能で解決できれば良いのですが、そんな日はいつか来るのでしょうか?早く実現してほしいですね。

スポンサーリンク




プロパイロット2.0で交通事故は減る?

もし、このプロパイロット2.0が機能すれば、間違いなく事故減ると思われます。居眠り運転やアクセルとブレーキの踏み間違い、危険な運転などが無くなれば、それだけで事故の確率は格段に下がるはずです。

 

しかし、いくら気をつけていたとしても、交通事故は不意に起きてしまうものです。そして、気をつけなければいけないのが機能の向上による運転技術の低下です。

 

全ての車が自動運転になれば問題ないのですが、もし自動運転車から通常の車に乗り換えた場合、事故が起きてしまうのでは?ということを懸念する意見もあるようです

自動運転で事故が起きた場合は日産は責任を取るの?

自動運転機能を搭載されている車が事故を引き起こした場合、一体責任は誰にあるのでしょうか?この問題は非常に難しいとされており、運転者の責任なのか?または開発者?販売会社?製造会社?など、責任の所在が非常に難しいと言われています。

 

更に自動運転の場合、事故の回避能力はいかがなものなのかという疑問が出てきます。

 

例えば例に出すと

「急に人が飛び出してきた。避けなければこの人を車で引いてしまう。しかし、もし避ければ歩道にいる人を巻き込み、更に被害が拡大する可能性がある」

 

このような場合、自動運転機能はとっさに判断できるのだろうか?この辺りは凄く疑問に感じます。人であってもその判断は非常に難しいですが、とっさに被害の少ない方を判断し操作してくれるとは思えません。いくら自動運転機能ができたとしても、課題は山積みとえるのではないでしょうか?

 

ちなみに「自動運転」機能は、あくまでドライバーが何もしなくて良いというわけではいようです。現在実現化されている自動運転機能は、運転者があくまで責任をもって運転することを前提として作られている「運転支援であり、完全な自動運転ではない」と国交省は伝えています。

 

プロパイロット2.0搭載にはいくらかかるの?

現段階では値段はまだ発表されていないようです。また詳しいことが分かり次第追記させ頂きます。

 

ちなみに今回発売のプロパイロット20.は、自動運転装置のレベル2.3相当になるということです。

まとめ

「プロパイロット2.0の安全性は大丈夫?値段や自動運転での事故は誰が責任を取るの?」はいかがでしたか?

 

自動運転と聞くと、人が何もしなくても勝手に「目的地まで連れて行ってくれる」と言うイメージがありますが、あくまで完全自動ではなく、支援を目的としていることが分かりましたね。

 

そうなってくると、もしかしたら認識の違いで事故が起きてしまったり、安全面では少し心配な気がしなくもなりません。どんどん素晴らしい機能が開発され、いずれ支援ではなく、完全自動になる日が来るのでは?と思いますが、まだそれは先の話になりそうですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




 

 

おすすめの記事